楽しい休日

okatimati
御徒町からアメ横に歩いていった。
平日だけど、けっこう賑やかなので楽しい。
なぜアメ横と呼ばれているかというと、戦後アメリカ軍が来ていたからという説と、飴を売る店が多かったから、という二つの説があるようですね。
近くにはキムチ横丁と呼ばれている一角もあって東京都内で最も長い歴史があるコリアン・タウンだそうだ。
歩き疲れたので休憩しようと思い立ち、デリヘルに電話をした。
受付の男性がすすめるままに指名し、教えられたリーズナブルなホテルに入る。
やってきた女の子はOLっぽい感じだった。
そう、まるで昼休みの休憩にお弁当をコンビニとかに買いに来たよってカンジの。そんな娘がおれの目の前にやってきたのだ。
デリヘルでバイトしているようには見えない彼女の献身的な奉仕を受けて、とても気持ちよくなった。すっかりリフレッシュできたおれ。
実は御徒町のデリヘルで遊んだのは初めてだったけど、また遊んでもいいかなって思えた。
これから御徒町ちょくちょく来ようかな。

御徒町駅周辺の施設

御徒町駅からは少し歩くことになってしまうのですが、上野公園の南端近くに、国立近現代建築資料館という施設があります。貴重な建築資料の収集・保存、また日本の建築技術や歴史について学んで貰うための教育・研究機関として建てられました。期間を区切った企画展のほか、事前予約によって一部資料の公開を行っています。

資料館の隣には、旧岩崎邸庭園が広がります。三菱の三代目社長・岩崎久彌の本邸として明治に造られたもので、当時は一万五千坪の敷地に二十棟の建物を有していましたが、現存するのは洋館、和館、撞球室(ビリヤード場)のみです。洋館と撞球室は、鹿鳴館で有名なロンドンの建築家、ジョサイア・コンドルの設計によります。洋館と和館は並んで建てられており、主に洋館は迎賓、和館は日常生活の場として使用されました。広大な芝の庭園には、和洋併置式が採用されており、この形式は後の日本建築に大きな影響を与えたとされています。

御徒町周辺には高級デリヘル店が多くあります。建築の素晴らしさに心打たれたら、そんな屋敷に住まったセレブの気分で、ちょっと奮発して高級デリヘルで遊んでみてはいかがでしょうか。価格が高い分、文句なしに魅力的な時間を提供してくれるはずです。

アメ横の御徒町駅付近

アメヤ横丁(アメ横)内に、「日蓮宗妙宣山徳大寺」という寺があります。アメ横は御徒町駅付近に伸びており、御徒町駅から向かって、徒歩二分で行くことが出来ます。
徳大寺は、正確な年代は不明ですが、江戸時代初期、約四百年前に慈光院日遣が創建したと伝えられています。仏教の守護神とされる摩利支天を祀っていることから、「摩利支天徳大寺」と称されることもあります。寺に奉安されている摩利支天像は、聖徳太子の作とされており、祈祷はこれを開帳して行って貰えます。

像はイノシシに乗った勇ましい姿をしており、力強い神秘的な魅力を感じられることでしょう。摩利支天は護身の神であり、日本では特に武士の間に摩利支天信仰が流行しました。徳大寺の摩利支天像は戦災や空襲にも耐え、現在でも開運・除災にご利益があるとして人々に親しまれています。

さて御徒町は風俗の豊かな地域です。風俗店のジャンルはいろいろと揃っていますが、特に人気があるのはデリヘルです。御徒町のデリヘルは比較的価格が高めですが、その分ルックスとテクニックには自信があります。摩利支天に力を貰ったら、武士の戦ではありませんが、男の戦場へぜひ出かけて行きましょう。御徒町にはマニアックなプレイをしてくれる店が多くありますので、新しい刺激に挑戦してみるのも良いでしょう。